ハウスクリーニングの種類とたくさんのメリットについて学べ

ハウスクリーニングには資格がいる?

断捨離ブームや整理収納、片づけられない人の部屋を綺麗にするなどのテーマで特集がくまれることが多くなりました。また、共働き・高齢化社会で、家事ができないために家事代行を依頼するというのも増えています。それにともない、ハウスクリーニングの需要が高まってきています。自分で片づけられれば良いのですが、手をつけられない状態の部屋にはプロの技が必要になってきます。では、そのプロになるには資格が必要なのでしょうか。いくら掃除といえども、本格的な掃除となると汚れを落とす技には知識が必要になってきます。しかも、大事な家電品などをクリーニングする場合には、故障させてしまっては大変ですし、整理収納をしても、その後綺麗な状態を続けるためには、その秘訣をきちんと伝えられる知識も必要になります。ハウスクリーニング技能士は国家検定として認められており、合格すれば技能士の称号が得られます。一方、整理収納アドバイザーなどは認定資格となります。いずれも講座を受講し、専門知識をつけることで検定に合格し、実践にいかされます。

ハウスクリーニングの資格取得について

遺品整理や不用品回収の依頼が増えていることから、ハウスクリーニング技能士の資格取得を志している人はたくさんいます。国家試験を受けて、合格しなければいけません。合格してハウスクリーニング技能士の称号を獲得するために、ビジネススクールなどに通って、知識と技能を学ぶ傾向が見受けられます。そのようなビジネススクールでは、住宅の内外に関する洗浄や修理の方法を基礎から教わりますし、接客マナーやエアコン点検についても講義を受けます。とても実践的ですので、実際の現場で役に立ちます。付近にビジネススクールがない場合でも、通信教育によって受講することができますから心配はいりません。情報が必要ならば、インターネットで検索することをおすすめします。無料で資料請求をすることも可能です。尚、ハウスクリーニングの資格を持たなければ、技能士の称号を名乗ることは許されませんから、注意が必要です。そのために、独立開業をしたり、転職活動を行う場合には、資格の有無について明確にしましょう。

Favorite

Last update:2017/3/2

▲トップへ